エアコンの定期的な清掃-エアコンの状態や機能を確認する。

1.エアコンの外側にたまったホコリは、本体全体を発熱させ、機器の故障につながることがあります。

ダストカバーは熱シールドの役割を果たし、ヒートシンクの熱を逃がさないため、熱の蓄積は電子機器に大きなダメージを与える。 高温になると電子機器の劣化が進み、全体の消費電力が大幅に増加します。 また、埃のような不純物があるとショートを起こし、回路に直接ダメージを与えることがあります。 エアコンのほこりの多い部分を掃除することで、消費電力の削減だけでなく、効率の向上にも大きく貢献します。

2.エアコンのネットワークにたまったホコリは、細菌の温床となることが多く、空気やガス製品の品質を低下させることがあります。

エアコンはきれいな空気を部屋に送り込むものですが、細菌が繁殖する川網という名のホコリが多ければ、部屋に吹き出す空気は人体に大きな害を及ぼす可能性があるのです。 病原菌や細菌が空気を通して部屋に入り、それを吸い込むことで病気になることがあります。 健康志向の強い現代において、これは非常に深刻な問題であることは間違いないでしょう。 ダストネットワークによるエアコンの掃除は、この問題を變頻式冷氣機解決するのにとても有効です。

クリーニングの効果やクリーニング後の機械の正常な作動を確認するため、エアコンのクリーニングを行うプロフェッショナルを募集しています。

注目の記事:

エアコンの定期的な清掃-エアコンの状態や機能を確認する。

エアコンフィルターを装着した後、乾燥させずに洗浄することができる

"エアコンの話(1):我が家はセルフクリーニング式のエアコンで、掃除の必要がありません。 "