牛乳には本当にたくさんの栄養価があるんです

ミルクフレークの栄養は、牛乳に比べればはるかに劣る

ミルクフレークは、その生産の教育プロセスが高温条件下で実施する必要があるスナックは、企業の元の栄養素の分析に深刻な損傷を引き起こすので、ミルクフレークの栄養教育値は、牛乳のそれにはるかに劣っていることができる、実施することができます。

牛乳に至っては

まず思いつくのは、カルシウムのサプリメント

なぜなら、牛乳には良質なタンパlatte比例質が含まれているだけではないからです。

また、体内に吸収されやすいカルシウムも豊富に含まれています。

しかし、実際には、牛乳の食育価値はそれとはかけ離れているのです。

01

尿酸を下げる

牛乳には、ホエイプロテインカゼインなどの栄養素が含まれて日本集運香港最平おり、腎臓の尿酸排泄機能を高める働きがあります。牛乳自体もプリン体が非常に少なく、尿酸の負荷を高めることはありません。

02

心臓血管の保護

1日に2皿以上の乳製品を摂取している人は、乳製品を摂取していない人に比べて、総死亡率が17%、心血管死亡率が23%減少するというデータが出ています。

03

心臓と脳の健康に良い

2018年9月にLancetに掲載された研究によると、乳製品を1日に2日本集運香港回以上食べる人は、そのような食品を食べない人に比べて、心臓病や脳卒中、死亡のリスクが相対的に低いことがわかりました。

04

睡眠をサポートする

体内のカルシウムが不足すると、神経が緊張しやすくなります。 カルシウム不足の人は不眠症になることが多いのですが、これは神経系がリラックスを実行できないことの重要なサインです。 ホットミルクには睡眠効果があるので、カルシウムで神経をリラックスさせることができるのです。

関連記事:

1日1杯の牛乳は、体に何をもたらすのか?

牛乳を飲むときの注意点

牛乳の栄養と効能、どんな人に向いているか